今回はオプションのデルタの算出方法を解説します。

オプショントレードにおいて、デルタヘッジは基本であり、最も重要です。

そのためには、各オプションのデルタを計算し、デルタリスクをしっかりと把握しておかなければなりません。

デルタの計算に必要なパラメータは、残存日数、先物ミニ価格、権利行使価格、リスクフリーレート、
IVの5つです。

以前の講義でdone関数を作成しましたが、これを使えばデルタの計算は簡単にできます。

コールとプットのデルタの計算はそれぞれ以下の通りです。

コールデルタ = Exp(-R * T) * N(done(T,F,K,V))

プットデルタ = Exp(-R * T) * (N(done(T,F,K,V))-1)

T:残存日数÷365

F:満期日がオプションと同じである先物ミニの価格

K:権利行使価格

R:リスクフリーレート

V:ボラティリティ

Exp:指数関数

N:標準正規分布の累積分布関数

IV算出に使用した関数ばかりですので、IVの計算をしていれば見慣れていると思います。

今回も実際に計算させてみましょう。

まず、コールデルタとプットデルタのユーザー定義関数をマクロで作成します。

デルタコード

これをアドインに追加しましょう。

で、この関数を使って計算した結果がこれです。

デルタ計算2

様々な銘柄のオプションを使ってデルタを計算してみてください。

注意点として、オプションを売った場合は符号を逆転させることを忘れないようにしましょう。

今回の講座は参考になりましたか?

オプ部式トレーディングメソッド
↑↑↑オプ部式トレーディングメソッドはこちらから


株式 ブログランキングへ
↑↑↑参考になったと感じていただけましたらぽちっと押して下さい